"GRIMPEUR"

…グランペール…

1.自転車-2.機材の部屋

シマノの冬用サイクルグローブ「INFINIUM™ PRIMALOFT® グローブ」を使用してみた感想。

シマノの冬用サイクルグローブ「INFINIUM™ PRIMALOFT® グローブ」の紹介です。シマノの冬用サイクルグローブ「INFINIUM™ PRIMALOFT® グローブ」は、氷点下の使用を想定されたもので、冬ライドの心強い味方となります。

【バーテープ】スパカズの「ブリングテープ・オイルスリック」のインプレです。

スパカズのバーテープ「ブリングテープ・オイルスリック」の解説記事です。スパカズのバーテープ「ブリングテープ・オイルスリック」は、見た目の美しさと実用性の高さを兼ね備えた、高品質なバーテープです。

【ロードバイク・冬用タイツ】パールイズミ・ウィンドブレークサーモタイツのインプレです。

ロードバイクの冬用タイツについてです。厳冬期にロードバイクに乗る場合でも、冬用タイツを用意することで比較的快適に乗ることができます。この記事では、筆者愛用の冬用タイツ「パールイズミ・ウィンドブレークサーモタイツ」について解説しています。

ロードバイクのアウター、46Tってどう?アウター46Tのお話。

ロードバイクのアウターギアを46Tにすると、スプロケットをよりトップ側まで使えます。また、アウターギアを46Tにすると、フロント変速の性能が上がります。この記事では、ロードバイクのアウターを46Tにすることについて、メリットやデメリットを解説してい…

ロードバイクにフラットペダルはダサい?ロードバイクでフラットペダルを使うことについて。

ロードバイクにフラットペダルはダサいのでしょうか?筆者としては、ロードバイクにフラットペダルを使うのはけしてダサくないと思います。フラットペダルにはメリット、デメリットがあるため、この記事ではそれを解説しています。また、ダサくない、デザイ…

フィジークのサドル「アリオネ」のインプレ。

フィジークのサドル「アリオネ」のインプレです。フィジークのサドル「アリオネ」 は「迷ったらアリオネ」と言われる名作サドルで、その優美なフォルムからも人気が高いサドルです。アリオネは座面が平らで、極度の前乗りを行うライダー以外には幅広く適応す…

チューブレスタイヤ用ポンプの、お話。

チューブレスタイヤの運用には、チューブレスタイヤ用ポンプの用意が不可欠に近いです。この記事では、筆者愛用のチューブレスタイヤ用ポンプ「ゼファール チューブレスタンク」について解説します。

エスケープR3の、型落ちは買い?2022年モデルと2023年モデルの違いを詳細解説!

GIANTのクロスバイク「エスケープR3」の2022年モデル、2023年モデルの違いについて徹底解説しています。2022年モデルから2023年モデルへのモデルチェンジはフレームのカラーリングの変更を除けば基本的に変更はなく、お値段のみ値上げされている具合です。よ…

【インプレ】ショートサドル「SELLE ITALIA SP-01 BOOST」を2年使ってみての、インプレ。

SELLE ITALIA(セライタリア)SP-01BOOSTは、スーパーフローと呼ばれる大きな開口部と、後端が真っ二つに分割された唯一無二の形状を特徴とするショートノーズサドルです。この記事では、SP-01BOOSTを2年使用した筆者がインプレします。

【インプレ】レーゼロコンペ・リムverのインプレ。

レーゼロコンペのリム版にかかるインプレです。レーゼロコンペは、高い剛性とチューブレスタイヤが使用可能なことによる乗り心地を両立した優秀なホイールで、幅広く愛されています。

【PD-R9100】DURA-ACEペダルのインプレ。

PD-R9100、デュラエースペダル(DURA-ACEペダル)のインプレです。PD-R9100は低いスタックハイトによる高いパワー伝達効率を特徴とする、SHIMANOのハイエンドペダルです。

【レビュー】キャットアイ・ViZ300を使ってみた話。

キャットアイのテールライト「ViZ300」の解説です。ViZ300は圧倒的な光量を誇り、昼夜問わずライドの安心感を大幅に高めてくれるテールライトです。

【インプレ】カンパニョーロ・シロッコC17の長期インプレ

カンパニョーロ・シロッコc17は見た目が美しく、必要十分な剛性を備えた頑丈なアルミディープリムホイールです。そんなカンパニョーロ・シロッコc17について解説しています。

【インプレ】スパカズのバーテープ「プリズマティック」を使ってみた話。

スパカズのバーテープ「プリズマティック」のインプレです。

SPDシューズ・SPD-SLシューズのインソールのおはなし

SPDシューズ・SPD-SLシューズにおけるインソールについて紹介した記事です。適切なインソールを選ぶことで、サイクリング中の足裏の痛みや膝の痛みを予防できます。

【サイコン】ブライトン(bryton) Rider420 のインプレ!

筆者は、長らくキャットアイのサイコンを使用しておりました。 有線のベロ9をママチャリに付けたのがはじまりで、そこからベロワイヤレス、ストラーダデジタルワイヤレス、クイックを使ってきました。 しかし、この度ついにキャットアイ以外に手を出してみま…

クランク長のおはなし

クランク長 こだわっていますか? 割りと完成車そのままを使い続ける方も多いように思います。 大体フレームサイズに合わせたものがついてくることが多いのでそれでも実用上難はないことが多いのですが、高身長もしくは低身長の方では適正から外れた長さのク…

前乗りの救世主・ISM PN3.0を使ってみたのでインプレしてみる

最近、サドルを変えました。 「ISM」の「PN3.0」です。 先端がぱっくりふたつに割れた、独特な形状のサドルとなります。 しばらく使用して、上品山や泉ヶ岳でもベストを出せる程度には使い慣れてきたのでインプレします。 目次 はじめに:ISMとは サドルの先…

【ロードバイク】8速のスプロケットは「12-25T」が、おすすめ!

8速のロードバイクにおいて、おすすめのスプロケットは12-25Tです。この記事では、8速のスプロケットとしておすすめな12-25Tについてメリット・デメリットを解説しています。

子供に向けたロードバイクは「GIOS・EASY(ジオス・イージー)」がオススメです!

子供に向けたロードバイクはジオスのイージー(GIOS・EASY)がオススメです。ジオスのイージー(GIOS・EASY)は24インチの子供むけロードバイクで、アルミフレームです。

ST-3400(SHIMANO SORA)というレバーを、今更インプレしてみる

SHIMANO(シマノ)ST-3400 のインプレです。SHIMANO (シマノ)ST-3400 は2世代前のsoraで、親指シフトが特徴です。

ロードバイクのチェーンオイルはワックスタイプがおすすめです。

ロードバイク(自転車)のチェーンオイルはワックスタイプがオススメ、という記事です。ワックスタイプのチェーンオイルは他の種類に比べて圧倒的に汚れにくいため、洗浄の手間が少ないです。注油回数は増えますが、それを差し引いても維持が楽なオイルです。

エスケープR3のタイヤ交換なら「グラベルキング 28c」がオススメという話

エスケープR3などクロスバイクのカスタムの第一歩としてタイヤの交換がおすすめです。クロスバイクの交換するタイヤのオススメ、グラベルキングについてこの記事では解説しています。

カーボンフレームで、スレッドBB(ネジきりBB)のジオス・エアロライトという車体

カーボンフレームとスレッドBB(ネジきりBB)の組み合わせを探している人は一定数おられます。カーボンフレームはプレスフィットBBが大方を占めますが、スレッドBB(ネジきりBB)のフレームも存在します。この記事は、カーボンフレームでスレッドBB(ネジき…

ヒルクライムで、積極的に「11-34t」のスプロケットを選ぶという考え方。

ロードバイクでヒルクライムするとき、スプロケットの歯数は悩ましい問題です。11-34tのスプロケットを、ヒルクライムに際して積極的に選択するという考え方について、書いた記事です。

ロードバイクのテールライトは「Rapid X3」がオススメです!

ロードバイクのテールライト「Rapid X3」について、解説しました。「Rapid X3」はキャットアイ製のロードバイク用テールライトで、その強力な光はナイトライドの安心感を倍加させてくれます。

クロスバイクにバーテープを巻くことについて、考えてみた。

クロスバイクにバーテープを巻く利点や、オススメのバーテープについて筆者の体験をもとにまとめました。クロスバイクでは普通、グリップを使います。しかし、クロスバイクでバーテープを使いたいような方に向けた記事です。

【105ブレーキ】「ブレーキは105が最低条件」について考えてみる。

ロードバイクの105のブレーキについて、エントリーモデル付属の社外品ブレーキから交換するべきか悩んでいるような方向けに書いた記事です。105のブレーキは高い制動力を持っています。そのため、制動力に悩んでいるのであれば交換すると良い結果になること…

エスケープR3を、改めて考えてみる。

エスケープR3を長年乗ってきた筆者が、エスケープR3について語る記事です。

ロードバイクで、タイヤの空気圧はどう決めるか?

自転車(ロードバイク)のタイヤの最適な空気圧について解説した記事です。7barが基準となるという説明をはじめとして、高圧が良い・低圧が良いまで幅広く説明を見かけますが、結局は実証実験しかないという記事です。

TOP

©2022 GRIMPEUR All rights reserved.