"GRIMPEUR"

…グランペール…

カーボンフレームを、割った話②修理依頼

目次

はじめに:これまで

カーボンフレームの修理①見積もり結果

カーボンフレームの修理②分解

カーボンフレームの修理③発送

最後に

 

はじめに:これまで

これまでの経緯については、以下の記事をご覧ください。

この記事は、リンク先の記事の続編です。

 

omni-bus.info

 

▲目次に戻る

カーボンフレームの修理①見積もり結果

カーボンドライジャパン様のお問い合わせフォームから見積もりを依頼したところ、迅速にお見積もりの結果をいただきました。

¥82,500。

カーボンドライ様のホームページにはディレーラーハンガー取り付け部の修繕工賃が¥88,000と記載されているので、お安くして頂いたことになります。

大変ありがたい限りです。

 

▲目次に戻る

カーボンフレームの修理②分解

カーボンドライ様からは、フレーム単体で郵送して欲しい旨オーダーをいただきました。

幸いにしてBBもJISスレッドであり、ほかもオーソドックスな規格であったため、手持ち工具のみで1時間もかけずに分解完了。

購入時に重視した整備性の良さが、こんな時に役立つと思いませんでした。

f:id:GOTTANI:20220308124445j:plain

分解前最後の姿

f:id:GOTTANI:20220308124506j:plain

1時間も経たないうちにバラバラに…。

 

 

▲目次に戻る

カーボンフレームの修理③発送

カーボンフレームゆえ、大きな衝撃を与えると破損します。

修理するために発送するのに、発送の過程で壊れてしまっては目も当てられません。

自転車を発送した経験はなかったのですが、先達のブログを幾つか拝見させていただき作業しました。

大量のプチプチでフレームをがんじがらめにしたうえで、段ボールにIN。

段ボールとフレームの隙間を、さらにプチプチで埋めました。

段ボールはたまたま自転車を購入した時のがあったため、それを切り貼りしてフレームの大きさに合うようにしました

f:id:GOTTANI:20220308124855j:plain

プチプチで包んだフレーム

f:id:GOTTANI:20220308124921j:plain

箱詰めした自転車。行ってらっしゃい…


発送には佐川急便の飛脚ラージサイズを利用させていただきました。

もう少し上手く梱包すればより安く発送できますが、そこまでのバイタリティがなく、包んだ大きさで発送出来るメニューを選択し発送。

 

▲目次に戻る

最後に

修理は難しい作業とのことで、3ヶ月程度要する見込みとのことです。

最近はアルミロードと、新たに始めたズイフトで頑張っています。

暖かい時期になって手元に戻ってきたら、また沢山乗ってあげられればと思っています。

 

▲目次に戻る

TOP

©2022 GRIMPEUR All rights reserved.