want to be "GRIMPEUR" !

maillot grimpeur が似合う「ヒルクライマー」に憧れて…

【整備の部屋】ブレーキレバーをハンドルに近づける/遠ざける調整(難度:★☆☆)

※この記事ではシマノのSTIレバーを念頭に置いています。

また、STIレバーでも古いものはこの記事の調整法とは異なるものがあります。

 

「整備の部屋」では、ロードバイクやクロスバイクの整備に関わる情報を発信します。

⚠自転車は命を預ける乗り物です!少しでも不明な点、不安な点があれば、ショップ等信頼出来る人に確認してください!

目次

はじめに:ロードバイクのレバーの距離調整とは

ロードバイクのレバーの距離調整について①:距離を近づける/遠ざけることによる変化

ロードバイクのレバーの距離調整について②必要な工具

ロードバイクのレバーの距離調整について③実作業

 

はじめに:ロードバイクのレバーの距離調整とは

ロードバイクのブレーキレバーの距離調整とは、ロードバイクのブレーキレバーの初期位置をハンドルに近づけたり、逆に遠ざけたりするものです。

特に手の小さい女性の方が乗車する場合など、ブレーキレバーを引きにくく感じることが多いようです。このような場合には、レバーをハンドルに近づける必要があります。

 

▲目次に戻る

ロードバイクのレバーの距離調整について①

レバーを近づける/遠ざけることによる変化

レバーを近づける/遠ざけると、以下のような変化が生まれます。

レバーを近づける

レバーを近づけると、レバーを上側から握った時、指のかかりがよくなります。

そのため、レバーを握りこみやすくなります。

また、下ハンドルを握った時にもレバーが近くなるため、指がかかりやすくなります。

そもそも下ハンドルからレバーに指が届かないという方もおられるようで、そのような方についてはレバーを近づけるとよいです。

 

なお、余談ながら以下の方法でレバーを近づけてなお下ハンドルからレバーに指がかかりにくい場合、ハンドルを交換してみると良いです。

具体的には、通常完成車であれば「アナトミックシャロー」という形状のハンドルが付いているものと思いますが、「シャロー」という形状のものに交換すると下ハンドルからブレーキレバーへの指のかかりは改善します。

 

レバーを遠ざける

初期設定でいちばん遠くなっていることが多く、中古で自転車を購入した等でなければ遠ざける調整を行う機会はあまりないですが、近くなっているレバーを遠ざけると以下のような効果が生まれます。

 

・指3本をレバー下側にかけた持ち方が可能になる。

これはレバーのブラケットを持ったダンシング(立ち漕ぎ)を多用するレーサーにはかなり大きな点だと思います。

指3本をかけると前に重心移動しやすい為ダンシングがスムーズになりますが、ブレーキレバーを近づけてしまうとレバー下側の空間が狭まってしまうため、3本を下側にかける持ち方は難しくなります。

 

・ブレーキの「あそび」を大きく取れる。

ブレーキ本体のセッティングでいかようにも調整できるのでメリットとして挙げることでもないかもしれませんが、ブレーキレバーを近づけない方が、ブレーキを握った時にブレーキがかかり始めるまでの「あそび」を大きく取りやすいです。

「あそび」を大きくとるメリットは、ブレーキングをコントローラブルにできる点です。所謂ガッツンブレーキになるのを避けられます。

▲目次に戻る

ロードバイクのレバーの距離調整について②必要な工具

ロードバイクやクロスバイクのレバーの距離調整に必要な工具は、アーレンキー、いわゆる六角レンチのみです。

お家にない場合、ホームセンターや100円ショップでも購入できます。

自転車整備では持っておくと大変重宝するので、ない場合は買っておくと良いです。

 

▲目次に戻る

ロードバイクのレバーの距離調整について③実作業

ここから先は実際の作業です。シマノSTIレバーの場合です。

(1)レバーのブラケットを剥ぐ

レバーを覆っているゴム製のブラケットフードは、前側から剥げるようになっています。

調整ネジはこのブラケットフードに隠れているので、まずは剥ぐ必要があります。

調整ネジの位置はレバーの頭なので、それほど大きく剥く必要はありません。

 

(2)調整ネジをアーレンキーで回す

ブラケットフードを剥いだら、調整ネジをアーレンキーで回します。

時計回りに回すとレバーがハンドルに近づきます。

反時計回りに回すと、レバーがハンドルから遠ざかります。

ちょうどいい塩梅まで調整しましょう。

 

(3)レバーのブラケットを戻す

調整を終えたら、剥いだブラケットフードを元に戻します。

以上で作業は完了となります。

 

▲目次に戻る

 

TOP