want to be "GRIMPEUR" !

maillot grimpeur が似合う「ヒルクライマー」に憧れて…

【ビギナーの部屋】ロードバイクの跨り方・発進&停止の仕方(難度:★☆☆)

「ビギナーの部屋」では、ロードバイク歴7年の筆者が、乗り始めたばかりの皆様が一度は悩むであろうことを解説していきます。

目次

ロードバイクにまたがる方法

ロードバイクで発進する方法

ロードバイクで停車する方法

 

ロードバイクにまたがる方法

初心者向けの情報誌等を見ていても、またがる方法まで解説していない事が多いように思います。

しかし、何人かの知り合いをロードバイクの世界に誘った経験からすると、先ず乗り方に困惑されることが多いです。

先達として、初歩の初歩からお伝え出来ればと考え、先ずは跨る方法から記載します。

 

手順①:ブレーキレバーのブラケットを上側から持つ

まずはブレーキレバーのブラケットを両手で持ちましょう。

親指はブラケットを跨ぐように持ち、人差し指と中指の指2本をレバーにかけて、薬指と小指の2本をブラケット下側にかけましょう。

 

手順②:右手側のブレーキを引く

ブラケットを持ったら、右手側のブレーキを引きましょう。

こうすると、跨るために片脚を上げた時に車体が前後しないので、ふらつきにくいです。

 

手順③:車体を斜めに倒す

車体を自分の側に、少し倒しましょう。

こうすることで、トップチューブ(フレームの上側のパイプ)の高さが低くなり、跨りやすくなります。

 

手順④:跨る

あとは、意を決して脚を振り上げ、跨りましょう。

フレームのトップチューブを跨ぐように立ちます。

無理にサドルに腰かけようとすると、適切にセッティングされていれば脚がギリギリ届くか届かないかの高さとなっているはずなので、フラフラして危険です。

降りる時

降りる時は、乗る時同様に右手側のブレーキを握りつつ少し車体を斜めに倒して、フレームを跨いで降りると良いです。

 

▲目次に戻る

ロードバイクで発進する方法

無事にまたがることが出来たら、発進しましょう。

手順①:右足をペダルに載せる

先ずは右足をペダルに載せます。

 

手順②:右足でペダルを踏み込み、上がってくる左ペダルに左足を載せる

右足でペダルを踏み込み、発進に移ります。

大事なのはしっかり踏むことと、下を見ず前を見ることです。

二輪の常である程度速度がある方が安定します。また、自転車は目で見ている方向に進んでゆきます。

1歩目はおっかなびっくりではなくしっかり踏むことと、前を見て走ることを心がけると良いと思います。

 

右足でペダルを踏むと、左足のペダルが上がってきます。上がってきたペダルに左足を載せましょう。

 

手順③:サドルに着座する

左右両足ともペダルに載ったら、腰を後ろに移動させてサドルに着座します。

 

発進の手順は以上です。

 

▲目次に戻る

ロードバイクで停車する方法

走れても、安全に停車出来ないと危険です。

停車の仕方は以下のようになります。

手順①:ブレーキング

まずはしっかり減速しましょう。

 

手順②:サドルから腰を前にずらす

徐行程度の速度まで減速したら、サドルから腰を前にずらし、立ち漕ぎのような姿勢に。

 

手順③:左足を地面に降ろして停車

最後に、左足を地面に降ろして停車します。

この時、車体も気持ち左斜めに傾けるようにすると安定します。

 

▲目次に戻る

TOP