おむにバス

自転車をはじめ、様々なお役立ち情報等を発信するページです。

【受験生必見】スマホ依存で勉強できない貴方が、スマホを封印する方法

受験生の貴重な情報取得ツール・スマホ

しかし、スマホは同時に、時間を際限なく奪ってゆく怖い機械でもあります。

依存症になってしまうと、平気で朝から晩までいじり続けることさえ出来てしまいます。

今回はそんなスマホの「怖い面」にフォーカスして、勉強時間を奪われないための方法を、まとめてみました。

      

目次

はじめに

大前提として:精神力頼みはキツイ

具体的な方法①台所の奥底にしまう

具体的な方法②人前で出しにくくする

具体的な方法③物理的に使いにくくする

具体的な方法④機能制限

具体的な方法⑤物理的に封印

おわりに:えげつないと思う貴方へ

 

      

はじめに

筆者世代では、受験の頃はまだスマートフォンが普及していませんでした。

現在の学生であればマスト、というよりも携帯電話=スマホでしょう。

しかし、筆者世代はガラケーが生き残っていた最後の世代です。

 

そんな筆者ですが、大学入学後にとある資格試験の勉強を行っています。

その時はすでに筆者もスマホを手にしており、スマホとの付き合い方にかなり苦慮しました。

しかし、最終的にスマホ依存を脱却して、その資格を取ることができました。

その時の体験を元に、この記事を書きます。

 

▲目次に戻る

      

大前提として:精神力頼みはキツイ

まず、人間は本質的に楽なほうに逃げてしまいがちです。

余程強い人でなければ、自律して努力するのは難しいものです。

三日坊主という言葉がありますが、これは人間の本質をよく見抜いた言葉です。

 

何が言いたいのかというと、「こうしなきゃダメ」という規範意識頼りの努力は余程強い人でなければ続かないから極力避けたほうがいい、ということです。

もちろん意思の介在する部分を皆無にするのは難しいですが、ある努力をするに際して出来るだけ精神力を必要とする部分を無くしてゆく方法を考えていくと良いです。

具体的な方法は、以下に示します。

 

▲目次に戻る

      

具体的な方策①台所の奥底にしまう

朝、LINEチェックを終えたらすぐに電源を落としましょう

そして、金庫などに入れて鍵を他の同居人に渡してしまいましょう

そのうえで、台所などの奥底にしまいましょう

生活のなかでスマホを連想しないようにするためです。

鍵を預ける相手がいない一人暮らしでは使えない方法ですが、実家暮らしであればこの方法が一番です。

 

▲目次に戻る

      

具体的な方策②人前で出しにくくする

例えば、ホーム画面に恥ずかしい写真を設定する。

スマホカバーを自分のイメージと丸違いの、羞恥を覚えるものにする

画面にメモ用紙を貼り付けて「スマホ見ない」と大書(←筆者はコレをやっていました)。

色々な方法が思いつきますが、公共スペースに持ってゆく必要があるとしてもできるだけ人前で出しにくいような見た目にすると長時間いじることは防げます。

 

▲目次に戻る

      

具体的な方法③物理的に使いにくくする

②の"見た目を悪くする"とも繋がりますが、ビニルテープで本体をぐるぐる巻きにして、ほんの一部しか画面を見れないようにすると非常に使いにくくなります。

使いにくくすると暇つぶしツールとしては快適なものと程遠くなるため、結果的にスマホ依存を解消することに繋がります。

 

▲目次に戻る

      

具体的な方法④機能制限

Twitterや、インスタグラムなど時間を食ってしまうアプリケーションはまとめてアンインストールした上で、アップストア(iPhoneの場合)自体に機能制限をかけるといいです。

筆者の上記資格試験段階ではiPhone6を使っていましたが、筆者は目隠しをして番号4桁を適当設定して、意思で機能制限を簡単に解除できないようにしました。

(一応解除する方法はありますが、非常に面倒だった記憶があります)

 

▲目次に戻る

      

具体的な方法⑤物理的に封印

究極かつ最も確実な方法です。

やり方は極めて簡単で、家にスマホを置いたまま学校や図書館に行くだけです。

連絡を頻繁に取る必要は、案外ないものです。

親の送迎などがある場合でも、何時にお願いしたいとあらかじめ言っておけばほぼ無問題です。

筆者は資格試験の際は一人暮らしだったため、このやり方を基本としていました。

 

▲目次に戻る

      

おわりに:えげつないと思う貴方へ

自分はやり方として合理的であると考えればわりと躊躇なく実行する方です。

しかし、このようなやり方に二の足を踏む方も多いことを存じています。

 

ただ、貴方は優先順位をつける必要があります。

自分が上記に挙げたやり方を取らなかった場合、貴方が失うものは何でしょうか。

まず、スマホ依存から抜けられません。

他人の目線は気にしなくて済むでしょう。

上記に挙げたやり方を取ったら、ちょっと(かなり)変な人扱いされるかもしれませんが、スマホ依存は脱却できるかもしれません。

お立場は様々と思うので、貴方にとって最良の方法を選んでください。

 

▲目次に戻る