おむにバス

自転車をはじめ、様々なお役立ち情報等を発信するページです。

一人暮らしに、テレビは必要ないと思うハナシ

おはようございます。

今日は、一人暮らしでテレビが必要ないという考えについて、書きたいと思います。

 

 ①テレビから得られる情報

 

テレビ番組は、「ニュース」「スポーツ」「教養」「娯楽」あたりに大別されるでしょう。

 

このうち、「テレビじゃないと得られない」もしくは、「テレビが一番効率的な情報取得手段である」ものが、どれほどあるでしょうか?

 

まず、「ニュース」はインターネット・ニュースでも同等(以上)の情報を入手できるはずです。

そして、音声&映像コンテンツであるテレビが伝える情報量は、文字コンテンツより、概して少ない場合が多いです。

"動き"がないと理解が促進されないものは別ですが、大方の場合、文字コンテンツより多く時間をかけて、少ない情報量しか提供していません

 

また、「教養」も、大方はニュースと同じで、文字コンテンツで学ぶほうが、時間対効果が良いものと考えます。

 

そう考えると、"テレビでなければいけない"のは、スポーツ中継と娯楽番組くらいではないでしょうか。

 

②スポーツ熱狂応援か、

余程娯楽番組好きでなければ不要

 

我々(20代)の親世代からすると、テレビがある生活が当たり前のようで、不要というと不思議な顔をされます。

しかし、これから一人暮らしをはじめる人には、上記2要件に当てはまらなければ、テレビは不要だと思います。

 

③参考として、自身の場合

 

大学1年生の時、入学時点で購入して、使用したのは「鉄血のオルフェンズ」と「フルメタル・パニック!」閲覧のためだけでした。

 

就職で引っ越しましたが、就職してからは一度も、年単位でコンセントすら差し込んだことがありません。

(テレビを捨てようとしたら親に止められ、仕方なく新居に持ってきました)

 

こんな自分でも、年間万円単位の受信料を支払っています。

正直勿体無いという以上の感想はありませんが、受信機を設置している以上、払わなければならないこととなっているので、仕方ありません。

 

テレビ設置は、設置するだけで受信料がかかるということをあたまに置いたで、スポーツ中継や娯楽番組を、年1万何千円出して見たいか?を考えてみてください。

yes であればテレビを購入すればいいと思います。

ですが、多くの人にとってはno ではないかなとも思います。

 

親世代に対して、子供を一人暮らしに出すときは、テレビを用意しない、という選択肢も考えられると思います、

ということを言いたいです。

 

以上。