おむにバス

自転車をはじめ、様々なお役立ち情報等を発信するページです。

【zoom飲み】カメラ写りが悪いあなたに。※すごく基本的な話

最近流行のzoom飲み

筆者も連日、zoomで飲み会しています。

 

普通の飲み会より、お金はかからないし、移動時間もかからないし、中座もしやすいし、今のところ良いことずくめかなと思っています。

 

※大人数の飲み会好きな人は物足りないかもしれません…。

筆者は元々、5人くらいの仲良い友人でやる飲み会が好きな人です。

 

はじめ方も簡単で、zoomをダウンロードして、あとは会議室IDとパスワードを飲むメンバーで共有すれば、

すぐ始められます。

 

しかし、スマホで開始して、インカメラがオンになると、こう感じるかもしれません。

 

うわwwwwカメラの俺ブッサwwww

 

今日は、zoomをする上で、すぐ出来る写り対策をまとめてみます。

※ホントに基本的な部分です…。

 

①逆光はNG・蛍光灯との位置関係

逆光だと、大半の人の顔はちょっと残念に見えることが多いです。

(逆に、逆光でも美男美女の人は本当の美男美女だと思います)

顔に光が当たるように、座る位置を決めましょう

 

蛍光灯の場合、蛍光灯の斜め下に、顔と蛍光灯の高さの差ができるだけ少なくなるように座るようにしましょう。

蛍光灯の真下に座ったり、蛍光灯より2mも下に顔があったりすると、顔全体に光が当たらず、ほうれい線がハッキリ出てしまいます。

光源(蛍光灯など)と、自分の顔ができるだけ水平に近い方が、顔全体に光が当たるため、ほうれい線などが見えにくくなります

 

(=部屋の真ん中にある蛍光灯を光源とする場合、"蛍光灯から出来るだけ離れて、光が顔にあたる角度を0に近づける""自分の顔を出来るだけ高い位置にもってきて、

蛍光灯と顔の高さの差を無くす"の2点が大切です。)

 

②スマホカメラの位置

顔は、斜め上から映るようにしましょう。

すなわち、顔よりもスマホカメラを、少し高い位置に置きましょう

 

あとは、スマホカメラは広角レンズのため、特に近距離で撮影すると顔が歪んでしまいがちです。

あまり遠くに置いても友人の顔が見えなくなりますし、マイクも届きにくくなるうえ、画面共有もしにくくなりますが、接写は避けたほうがいいです。

スマホは少し離して置いて、自分の顔を拡大しましょう

 

③(本題から外れるけど)背景のハナシ

わざわざ部屋を片付けるのがダルい…という方や、プライバシーを気にされる方のために、Zoomには"背景"という機能が用意されています。

Twitterでも"zoom飲み"と検索すると、ネクストサジェストのワードは"背景"が一番上に来ます。

みんな気にしているのでしょう。

 

しかし、個人的には設定不要だと思います

基本的に、上記を意識して写ろうとすれば、部屋の壁際によることになるからです。

壁を背にして、部屋の中央を向いて話すことになると思います。

壁がポスターだらけで、しかも他人に見られたくない等の事情があれば別ですが、普通はわざわざ背景を設定するまでもないと思います。

 

 

以上です。

GW最終日は楽しく飲んで、明日からまた仕事頑張りましょう!