おむにバス

自転車をはじめ、様々なお役立ち情報等を発信するページです。

【ヒルクラ】サドルのセッティングは「前上がり」もアリという話

サドル。

「沼」という言葉すらあるもので、選び&セッティングとも、人によってかなり異なります。

 

f:id:GOTTANI:20200419082003j:plain

使い心地を左右する因子は、サドル本体によるものが

サドルの種類

サドルの前後位置

サドルの角度

と3種類あって、間接的に使い心地に影響を与えるのは

・サドル-ハンドル距離&落差(=前傾度合い)

・BB-サドルトップ距離

・クランク長

・フレーム材質

等でしょうか。

影響する因子が沢山あるうえ、人の身体つきは千差万別なので、人によって"最適"が異なるのも至極当然と言えるでしょう。

 

今回は、「サドルの角度」についてお話しします。

 

①大まかに分けて

 「水平」「前上がり」「前下がり」の3通りです。

もちろん、水平がいちばんノーマルなセッティングです。

 

最近のトレンドとしては、前下がりの流行が上げられます。

プロ選手のバイクを見ても、前下がりは増えています。

自分が前下がりを使えない人間なので、あまりメリットが分からないのですが、よく言われるのは脚が回りやすいとか、前傾を取りやすいとかですね。

あとは股間が痛くなりにくいとか。

ルックス面で、シートポストを長く出せるため、海外選手のようなバイクに見えてカッコいいという人もいます。

 

②あえての前上がり

自分は長らく前上がりです。

 

バイク3台持ちで、平坦とヒルクライムは別バイクですが、落差12cmの平坦バイクも、落差緩いヒルクラバイクも、どちらもサドルは同じセットです。

 

サドル後方の、いちばん面が広い部分を水平にするセッティング。

こうすると、ノーズが斜め上向きになります。

 

前上がりのメリットは、腰の安定感。

前下がりのように、身体を保持する必要がありません。

サドルに「座れ」ます。

よくサドルに座ることは否定されますが、無理に抜重することに意識と筋力を使うより、

割り切って座ってしまって、体幹を使って脚の重さをペダルに載せていくことに全力を集中するほうが、ストレスフリーで速さに繋がると思っています。

 

自分はヒルクライムばかりですが、ロングライドやる人にも前上がりはオススメです。

以前400km私服で走ったことがありますが、お尻は全く痛みませんでした。

 

 

前乗りした時に、BB-腰の高さがあまり変わらないのも、メリットと言えるでしょう。

自分はあまり前乗りしませんが…。

 

前下がりにすると、前乗りするほど着座位置は下がってゆくはずです。

つまり、BB-腰間の距離はどんどん縮まってゆきます。

この点前上がりであれば、サドルの前後どこに座っても、BB-腰間の距離は一定に近いです。

シチュエーションに応じてサドルの前後を使い分ける人は、前上がりを検討してみてもいいと思います。

 

股間は、痛くなりません。

サドルは前上がりでも、実際に着座しているサドル後方、いちばん幅の広い部分は水平だからです。

幅が広い部分に座っているので、荷重が分散されて、ノーズに股間を押し付ける座り方より痛みを生みにくいです。

むしろ前下がりだと股間ジワっと痛むと思うのですが、世間一般の評価だと前下がりは股間が痛みにくいらしく、ここの部分は不思議だなと思います。

とまれ、股間の痛みに悩まされているかたは、サドル前上がりを試してみてください、とだけ書いておきます。